当然のことですが、寝室の環境というのものは睡眠、また睡眠の質に大きな影響があります。

睡眠の質を向上させるための寝室に求められるものとは”リラックス”できる寝室環境です。

そのひとつに寝室の温度、湿度というものがあります。

例えば、夏・・・寝苦しい季節となります。

夏は寝室の温度と湿度をしっかりと調整することが睡眠の質を向上させるカギとなります。

睡眠の質を上げる!エアコンの使い方!

夏は寝苦しいです・・・これは周知の事実だと思います。

暑苦しくてなかなか寝付けない、夜に暑くて目が覚めるなどなど、夏に寝苦しいと考えられる原因をあげるとキリがないという・・・。

夏の睡眠の質を向上させるコツはエアコンの使い方が重要となります。

エアコンの使い方として入眠する際にはエアコンが効いた状態が理想的です。

とはいえ一晩中強めの冷房を入れてしまうと、寒さで目が覚めることがありますので、3時間くらいのタイマーをかけておくのがおすすめです。

そして、寝起きが「あついっ!」とならない為に、起床時刻の前には入タイマーをセットすることがおすすめです。

そうすることで入眠と目覚めが気持ちよくなりますので質の高い睡眠を期待することが出来ます。

あとエアコンを使う際の注意ポイントとして直接エアコンの風が体に当たらない様にすることが必要です。

昨今はバルミューダをはじめとする体に負担をかけにくい、優しい風が送れる扇風機も販売されています。

そういった製品を切タイマーで使うこともおすすめです。

夏の寝苦しさ対策まとめ!

夏の寝苦しさを感じる原因は、湿度が高いと汗がかわきにくく、深部体温が下がりにくくなるからです。

寝室環境は質の高い睡眠にとって非常に大切な場所となります。

ある程度は自分でコントロールできるところですから、寝室で気になるところがあれば、早め早めの改善に取り組むことをおすすめします。

例えば、私であれば光目覚ましinti4を使ってみたり、ほか睡眠サプリを睡眠サプリランキングを見て選んでみたりと。

自分自身で出来る限り快眠できる様に努めています。

それが我々の日常を変えていくのだと思います。